1. HOME
  2. プロダクト一覧
  3. CheckPoint360°™

CheckPoint360°™

CheckPoint360°™とは?

CheckPoint 360°™は、世界4万人のリーダーから抽出した普遍的なリーダーシップコンピテンシ―を測定し、行動変容に導くリーダーシップサーベイです。主にリーダーやマネジャーのリーダーシップ能力や効果性を高めることを目的としています。 このサーベイでは、自社のリーダーポジションにおいて重視する優先順位を反映することができ、カスタマイズに工数をかけずに自社状況に合わせた個別化が可能です。サーベイ実施にあたっては、直属の部下や同僚、上司、さらには顧客からのフィードバックを収集し、そのフィードバックに基づいて、特定のリーダーシップ能力を開発するための個別育成ガイドが提供されます。
CheckPoint360を実施することで、書籍『Leadership Charisma』で定義されているカリスマ的リーダーになるための具体的な方法を知ることが出来ます。

CheckPoint360°™で解決できる課題

管理職層のプレイヤー化が
進んでおり部下を育てられない

管理職層のプレイヤー化が進んでおり部下を育てられない

リーダー育成に投資しているが
一過性で終わり効果があがらない

リーダー育成に投資しているが 一過性で終わり効果があがらない

企業理念やトップの期待を
リーダー育成に直接反映させたい

企業理念やトップの期待をリーダー育成に直接反映させたい

自社コンピテンシーをもっと
効果的に機能させたい

自社コンピテンシーをもっと効果的に機能させたい

CheckPoint360°活用イメージ

CheckPoint360°は、たとえばこんなシーンで活用いただけます。

CASE①

育成効果の測定

製薬企業G社では、管理職層への研修効果を可視化するため、CheckPoint360を研修の前後に実施しました。対象者は、個々に特定された強みと課題を落とし込んだうえで研修と現場での行動変容に取り組み、結果として育成効果が高まったことが証明できました。

CASE②

コンピテンシーとの連動による育成

アパレル企業H社では、自社リーダー向けのコンピテンシーを策定したものの、個々人に落とし込むことに課題がありました。CheckPoint360の普遍的コンピテンシーとの紐づけにより、自社の重視するコンピテンシーを意図して高める育成アプローチを獲得しました。

CASE③

経営陣を中心とした組織開発

組織の機能不全を抱えるIT企業I社では、経営層の互いの信頼関係強化のために、経営陣全員がCheckPoint360を実施しました。外部コーチのセッションを通じて、互いの強みと弱みを共有しあう事で、信頼を再構築し、組織力強化の大きな一歩につながりました。

測定するもの

CheckPoint360°は、以下の項目を測定することができます。

8つのマネジメント
コンピテンシー

8つのマネジメント
コンピテンシー

18のスキルセット

18のスキルセット

70のリーダーシップ行動

70のリーダーシップ行動

パンフレットのダウンロードはこちらから

主なレポートの種類

ご相談・お問合わせ

メールでのご相談・お問合せ

ご相談・お問合せ

お電話でのご相談・お問合せ

03-5639-1841

受付時間 : 平日9:00~18:00